お客様インタビュー

プロフィール

 

名前 一晃さん 聡美さん
年齢 33歳 29歳
職業 自動車関連会社勤務 設計業務 自動車関連会社勤務
趣味 楽器演奏・お酒・ミニボトル集め お菓子作り・音楽
結婚暦 2005年に結婚 暦3年目
新築のきっかけ 友人に誘われた住宅展示場巡り
新築完成 2007年 12月末 引渡し
新築の参考に
したのは?
◆住宅展示場     ◆雑誌(東海家作り必読書・月刊ハウジング等)
◆友人の家を参考に ◆インターネット検索など

インタビュー 主なチェックポイント

  • 家造りの計画と想い
  • 住んで7ヶ月、感想は
  • DAITOMOに決めたわけ
  • ハウスメーカーとの違い
  • これから建てられる方へのアドバイス

インタビュー

Q1 マイホームを建てようとしたキッカケは何でしたか?またいつ頃ご検討されましたか?

一晃さん 確か...友人がリフォームを検討してて、住宅展示場に見に行くから一緒に行かないかと誘われてからです。新築する2年前の30歳くらいの時でしたね。
聡美さん ええ、確かでしたね。予定が空いていたから友人についていこうかというところからですね。新築については以前より興味はありましたので、ついでに参考にもなるからいいかなっ思えて。
記者 では住宅展示場に遊びに誘われ、様々なハウスメーカーさんにお会いしたところからですね?
一晃さん そうです、その機会がキッカケで展示場巡りがスタートしちゃったんです。まだ漠然としてて、もっと先のような感じでしたが間取りなど書いてもらううちになんとなく形になり始めてましたね。
記者 間取りから入ったのですね。もう具体的なところですよね。では、建てる立地などは決まっていたのですか?
聡美さん はい、母屋の敷地にスペースがあったので、そこに建てようと考えていました。なので、具体的な家の形などは必然的にある程度決まってしまいますよね。間取りを作ってもらって、よしマイホームを建てようって思いました。

Q2 住宅展示場に行き始めてからの経緯を教えてください。

一晃さん 住宅展示場では4社のハウスメーカーに行きました。最初はH社に行き、間取りなどを書いてもらいましたが、見積金額が高かったので、他のメーカーと比べる意味もあって、あと何社か行きました。他の間取り案も知りたかったので。

記者 それで間取りや見積もりはいかがでしたか?
一晃さん そうですね、間取りもある程度絞った形で考えて作ってくれましたが、細かな変更などは規格外みたいらしく、なかなか思うような間取りが出来なかったんですね。見積もりもちょっと高いかなって思いましたし。
聡美さん そうなんです、細かな間取りがうまく出来なくて・・・・私は導線計画をしっかりしたいと思っていました。その点、ちょっと不満がありました。
記者 間取りで解消出来なかった点がいくつかあったのですね。
聡美さん ええ、導線計画でこれは大切と思ったことが入ってなかったり、収納が少なかったりとちょっと不便な間取りでした。あるハウスメーカーは、設計士のこだわりが強すぎちゃって、デザイン重視のような間取りでしたよ。本当に私たちの生活のことを考えているのかな~って思うくらい。
記者 実際に住まれる方の生活習慣って人それぞれですから、その人たちに合った間取りのプランニングが大切になってきますね。デザインも大切ですが、優先するのは生活に大切な間取りや導線計画をしっかりやることです。それからどうされましたか?
聡美さん ハウスメーカー数社と打ち合わせしている段階で、友人の紹介で知ったDATOMOさんに間取りと見積もりをお願いしました。ハウスメーカーと地元建築会社(大工)さんの違いも知りたかったですしね。

Q3 DAITOMOで建てようと思った決め手とは・・・・

記者 その時点で依頼されたのですね。ご感想はいかがですか?
一晃さん ええ、いろいろ相談に乗ってもらえたし、間取りも納得出来るまで何度なんども作ってもらいました。ハウスメーカーは契約を急ぎたいのか、ある程度間取りを決めたら契約して直ぐ着工みたいに感じました。契約後は細かな変更するのにも追加料金がかかるみたいだし。打ち合わせの段階でしっかりと詰めて間取りも納得してから契約したかったので。
  営業マンも良い方もいましたが、営業マンが建てるわけじゃないですしね。DAITOMOさんは、相談から計画、現場の施工まで1人が一環して最後まで面倒みてもらえるところが魅力的でした。
記者 営業マンと現場管理者・施工者の細かな情報伝達がうまくいかず、思ってた間取りと違うものが出来てしまったって良く聞きますからね。

聡美さん そうなんです、友人はハウスメーカーS社で建てましたが、営業マンに話したことが現場に伝わっておらず、あまり満足した結果にならなかったって言ってました。あと、大手って小回りが利きにくいですよね?
私たち結婚式の時に体験しましたが、融通が利かないとか見積もりに入っていて当たり前のことが全く入っておらず、あとでスゴイ追加料金を取られた経験をしました。
そんな経験から、ハウスメーカーの見積もりにも入ってない項目が多くて、後で追加ばかりにならないのか不安でした。
間取りや図面・仕様など打ち合わせ段階で、細かなことを決めてないのに契約しようとしてくることで不安が増しました。
DAITOMOさんは細かな仕様を詰め、間取りも納得出来るまで書いてもらい、その後の契約だったので、安心してまずは詰めることが出来ました。
見積もりも追加料金が出ないように補足の費用もみてもらえたし。なので金額も予定金額範囲内になんとか納まりました。
記者 お客様がしっかり納得の上での契約が本来の形だと思います。信頼信用が出来るまで何度も一つ一つ打ち合わせをして初めて契約ですからね。なので契約まで時間がかかるのは当然です。決め手はやっぱり対応ですか?
一晃さん 最終的にはそうですね。間取りも納得出来るものを作ってもらえたし、私たちの日常生活や考え方を理解した上で、様々な対応をしてもらえると思ったからです。構造や工法については打ち合わせの段階でしっかり聞いて納得したし、建材メーカーに見学して最新設備を知ることが出来たのでこの点は安心してました。また、実際にDAITOMOさんが建てたお客さんの家に訪問してどういう家造りをしているか見て聞くことが出来たのも良かったです。すべて納得出来てからの契約になりました。
記者 実際に建てた家を見に行くのが1番いいですからね。建てられた方に話を聞くのも良くわかりますし。ありがたいことに良いお客様ばかりで、みなさん喜んで見せてくれるので本当に助かっています!ご協力に感謝しています。

Q4 耐震のことや断熱のことなど、構造や工法についてはいかがでしたか?

一晃さん 契約の話の時も出ましたが、すごく納得出来ました。耐震のことも実際に現場を見て確認出来ましたし、断熱材も高気密高断熱でよかったです。この点はまったく安心しました。基礎のコンクリートの堅さがあることなんて知らなかったけどそういうことも教えてもらえたので、施工中も現在も安心して住んでいます。

Q5 設計時にこだわったことは何ですか?

聡美さん 私はやっぱり毎日の生活なので、導線のことや採光・通風ですね。あと収納位置や多さも結構気にしました。
一晃さん 私は母屋とこの建物の距離を気にしました。母屋を圧迫しないようにって。日陰が伸びて暗くならないように。また、実際の家造りとして和室が造れなかったので、書斎を和の空間にすることを考えました。やっぱり和はいいですからね。そこで、この家を建てるのに元々あった横屋を壊した際に出た和室の破材を転用して使うことが出来たことは嬉しかったです。
聡美さん そうそう、それよかったよね。母屋にいる両親も思い出がある木材だったから喜んでたし。
記者 壊した横屋にあった木材は違棚と床板でしたね。どのように使うか悩みましたが、満足していただけてよかったです。

Q6 工事の進行はいかがでしたか?

聡美さん 打ち合わせした内容の通りに作ってもらえたし、細かなところは相談しながら作ってもらえたから問題なかったです。完成まで5ヶ月かかったので、ちょっと長かったかな。ハウスメーカーだと3ヶ月くらいで出来てしまうそうなので、急いでいる方にはちょっと長いだろうなって感じました。でも細かな工事内容を見ていると、時間がかかっても丁寧な仕事してもらった方が嬉しいので、今は満足です。

Q7 実際に住んでみた感想をお聞かせください。

聡美さん とっても快適ですよ!日当たりや風通しの良いサッシ配置をしてもらえた間取りだから、どの部屋でも明るく、風が通ります。収納も全部細かな寸法まで決めて作ってもらえたから満足しています。
一晃さん ほんとだよね。とっても明るいですよ。LDKのサッシなんかは思いも付かないような配置を提案してくれて、結果的にとっても明るく快適です。打ち合わせをしっかりしたから、まったく不満はないですよ。快適です。

記者 断熱効果はいかがですか?
聡美さん 冬場の日中は、このLDKは南に大きな窓あるし、東からも採光とれますよね。日中は暖房いらずですよ。冬の寒い朝でも保温能力があるから、朝少しつけただけなのに、そのまま保温している感じです。つけっ放しじゃなくても暖かいです。床も無垢なので保温してくれるから暖かいですしね。床暖房なんていらないです。
水周りも使いやすい配置にしてもらえたし、オーダー特注でキッチンを作ってもらえたので便利がいいです。
あと、導線計画もしっかり考えてくれたので、生活に不便もありません。とにかく細かなことは相談しながら造って頂けたので、ハウスメーカーだったらこんなに満足出来なかっただろうなって思いますよ。

Q8 今後、マイホームをご検討の方への参考に、何かメッセージをください。

聡美さん DAITOMOさんが建てられた家を訪問出来たことが大変参考になったので、実際に見て住んでいる人の話を聞いてみるといいと思いますよ。
雑誌などより間取りや住み心地など大変参考になりました。あと、予算もあるけれど、細かな設備で欲しいと思ったものはつけた方がいいと思いました。一生の買い物ですからね、後でしまったなって思いたくないですから。
一晃さん なんでもいいので、大工さんのお手伝いをしてみてはどうかな。作り手の大変さもわかりましたし、手伝ったことで愛着がより沸きました。知らなかった構造など理解も出来たので、よい経験になりました。

Q9 これからの夢住まい、どうしていきたいですか?

一晃さん 友人を招き、毎年バーベキューをウッドデッキでやりたいですね!
聡美さん 家族がLDKに集まって、団らんが出来たらいいなって思います。花壇もあるので、季節ごとのお花を植えることも考えてますよ。

ご協力ありがとうございました。

「住まい」のことならどんなことでもご相談ください。
【家の便利屋・駆け込み寺】大友建築
TEL: 0566-42-8648    FAX: 0566-48-8648

Copyright(c) 2013 DAITOMO All Rights Reserved.